logo_s

三浦しをん原作『まほろ駅前多田便利軒』映画&テレビシリーズを一挙上映 町田で「町田駅前まほろダイニングシアター」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月4日〜2016年3月13日 その他
三浦しをん原作『まほろ駅前多田便利軒』映画&テレビシリーズを一挙上映 町田で「町田駅前まほろダイニングシアター」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

町田市森野にあるライブスペース「まほろ座 MACHIDA」にて、映画およびテレビの『まほろ駅前多田便利軒』シリーズを上映するイベント「町田駅前まほろダイニングシアター」が開催される。会期は2016年3月4日(金)から6日(日)と3月11日(金)~13日(日)。

© 2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会

© 2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会

『まほろ駅前多田便利軒』は、2006年に出版された三浦しをん原作の小説。2011年に大森立嗣監督により映画化され、2013年には『まほろ駅前番外地』が大根仁監督によりテレビドラマ化。そして2014年、再び大森監督によって『まほろ駅前狂騒曲』が映画になった。いずれも主演は瑛太と松田龍平。

本イベントでは、これらの作品を一挙上映する。作品の舞台となる「まほろ市」は実際には存在しないが、原作者の三浦氏の住む町田市がモデルとされている。「まほろ座 MACHIDA」の名前の由来もこの作品からであり、記念すべき上映イベントとなりそうだ。

上映スケジュールは以下のとおり。会期中には三浦氏と大森監督による貴重なトークショーも開催される。

〈上映スケジュール〉

・3月4日(金)

映画「まほろ駅前多田便利軒」+トークショー
ゲスト:三浦しをん(原作者)、大森立嗣(映画監督)

・3月5日(土)

TVドラマ「まほろ駅前番外地」全12話

・3月6日(日)

映画「まほろ駅前多田便利軒」
映画「まほろ駅前狂騒曲」

・3月11日(金)

映画「まほろ駅前狂騒曲」

・3月12日(土)

TVドラマ「まほろ駅前番外地」全12話

・3月13日(日)

映画「まほろ駅前多田便利軒」
映画「まほろ駅前狂騒曲」

映画「まほろ駅前狂騒曲」+トークショー
ゲスト:三浦しをん(原作者)、大森立嗣(映画監督)
MC:劇団マチダックス 主宰/俳優 渡辺裕太

チケットは、1作品ずつ鑑賞するタイプのほか、全話通しのものや、トークショー付きのものなど、5種に分かれている。前売り券も販売中なので、気になる方はお早めにご予約を。購入特典として「多田の名刺」が付くという。

また、町田市内の施設を使った同時開催イベントもチェックしたい。「町田市民文学館ことばらんど」では三浦氏の原稿が展示されており、ロケ地となった「内藤ビル」では、撮影で使用した衣装や小道具を展示する。

小説、映画、ドラマと、多くのファンを惹きつける『まほろ駅前多田便利軒』。舞台となった町田で、作品を楽しんでみてはいかがだろうか。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP