logo_s

中目黒が小さな鳥取になる9日間 飲み歩き食べ歩きイベントも開催される「co-tori 2016」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年2月27日〜2016年3月6日 目黒区
中目黒が小さな鳥取になる9日間 飲み歩き食べ歩きイベントも開催される「co-tori 2016」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区青葉台の中目黒駅周辺で、鳥取の手仕事と旬の食材を楽しむことができるイベント「co-tori 2016」が開催される。会期は2016年2月27日(土)から3月6日(日)。

「co-tori 2016」キービジュアル

「co-tori 2016」キービジュアル

北には日本海、南には中国山地、そして有名な鳥取砂丘と、豊かな自然を誇る鳥取県。そこで育まれた様々な食文化や手仕事の数々を、中目黒で体験するべく2013年に誕生したのがこの「co-tori」(コトリ)だ。

4年目となる今回も、会期中に多数のイベントを用意している。オープニングから最終日まで楽しめるのが、「TOTTORI craft 展」。器と道具のショップ「SML」を会場に、陶器、和紙、型染め、鋼など鳥取の多彩な手仕事を紹介する。

3月2日(水)・3日(木)の夜には、鳥取の日本酒と食材を楽しめる呑み歩き食べ歩きイベント「co-tori BAL」(コトリバル)を開催。cafe RED BOOK、Malmö 、SOAKS、nakameguro 燻製 apartment、バール・デルソーレ、stoveの6店舗が、各店ごとに鳥取食材を使った限定メニューを用意する。メイン会場でもある「SML」で参加登録(参加費2500円)をしてから食べ歩きを始めよう。参加者には鳥取の窯元で作られたぐい呑みもプレゼントされる。

また、豪華賞品があたるスタンプラリーも同時開催される。「co-tori BAL」の参加店舗を3店舗以上巡ることで参加でき、なんと「GO! TOTTORI賞」では東京と鳥取の往復券が授与されるという。

東京にいながらにして鳥取気分が味わえるスペシャルイベント。春の暖かさを感じつつある季節に、鳥取の名産を食べながら中目黒川沿いを歩いてみたい。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP