logo_s

新作は自身初となる“ブツ”写真 代官山ヒルサイドフォーラムで若木信吾写真展「表面」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年2月10日〜2016年2月28日 渋谷区
新作は自身初となる“ブツ”写真 代官山ヒルサイドフォーラムで若木信吾写真展「表面」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区猿楽町にある代官山ヒルサイドフォーラムで、写真家・若木信吾の写真展「表面」が開催されている。会期は2016年2月28日(日)まで。

カイピアイネンのオブジェ PHOTO BY Shingo Wakagi

カイピアイネンのオブジェ PHOTO BY Shingo Wakagi

作品集『Takuji』、『TIME AND PORTRAITS』『英ちゃん 弘ちゃん』などのシリーズから、数々の印象的なポートレートを残してきた若木信吾。本展は、自身初となる「ブツ」撮りに焦点をあてた展覧会だ。

「大壺」PHOTO BY Shingo Wakagi

「大壺」PHOTO BY Shingo Wakagi

「小さな葉たち」PHOTO BY  Shingo Wakagi

「小さな葉たち」PHOTO BY Shingo Wakagi

キービジュアルとなっているアラビアの陶芸作家、ビルガー・カイピアイネンのオブジェのほか、写真家・ウィリアム・エグルストンのライフル、水面に枯れ葉を乗せた大壺など、これまでの若木作品とはすこし異なる、「ブツ」を切り取った新作が展示される。

「エグルストンのライフル」PHOTO BY Shingo Wakagi

「エグルストンのライフル」PHOTO BY Shingo Wakagi

同時開催として、幼なじみを撮り続けたドキュメント「英ちゃん 弘ちゃん」の展示も行われるため、「表面」の作品群とのコントラストも楽しめそうだ。

あああ

写真集『英ちゃん 弘ちゃん』(4536円・税込み/youngtree press)

会期中2月21日(日)にはアートディレクターで画家の角田純氏を迎えたトークイベントも開催される。写真展を鑑賞後したあとは、ぜひ若木氏の言葉に耳を傾けてみると、また違った視点が生まれてきそうだ。

関連記事

EVENT

  • 今年も高架下で踊る! 竪川親水公園「第36回すみだ...
    2017年8月22日
  • 若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホ...
    2017年8月18日
  • 柔らかな色彩からこぼれる生命力 木版技法を用いた新...
    2017年8月10日
  • シモキタ高架下のイベントパークが1周年!オオゼキの...
    2017年8月9日
  • 新宿のネオンに光るおしゅし 新宿眼科画廊で1年ぶり...
    2017年8月8日

RANKING

  • no.1
    今年も高架下で踊る! 竪川親水公園「第36回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    〈東京、視線の片隅で〉第3回「タバコ屋の兼業」
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP