logo_s

ピクサー所蔵のアートワーク約500点を一挙公開! 東京都現代美術館で「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月5日〜2016年5月29日 江東区
ピクサー所蔵のアートワーク約500点を一挙公開! 東京都現代美術館で「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

江東区三好にある東京都現代美術館で、スタジオ設立30周年を記念した「ピクサー展」が開催される。会期は2016年3月5日(土)から5月29日(日)まで。

ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)《ビートボード:さよなら、アンディ》『トイ・ストーリー3』(2010年)デジタルペインティング(公式サイトより)

ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)《ビートボード:さよなら、アンディ》『トイ・ストーリー3』(2010年)デジタルペインティング(ピクサー展公式サイトより)

ピクサー・アニメーション・スタジオは、1986年にアメリカ・カリフォルニアで誕生した映像制作会社。今年2016年はスタジオ設立30周年の節目にあたる。

前進となるのはルーカスフィルム社が1979年に立ち上げたコンピュータ・アニメーション部門だったが、当時アップルコンピュータを退職しNeXTを立ち上げていたスティーブ・ジョブズがこれを買収。「ピクサー」として独立させた。ルーカスフィルム社からはエド・キャットマルが社長に就任し、この部門の社員だったジョン・ラセターも同社へ移った。彼はのち2006年にチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任。ピクサーの歴史は、この3名によって形づくられたといっても過言ではない。

そしてピクサーは、ディズニーとの密接な関わりの中で、「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」そして日本では3月公開予定の最新作「アーロと少年」など、数々の人気作品を世界に送り出してきた。

本展はピクサーに所属するアーティストたちの創作活動にスポットライトを当てたもの。アニメーションを構想する際に不可欠なドローイングやパステル画、デジタルペインティングや彫刻など、ピクサーの創造性を支える約500点におよぶ作品の数々を一挙公開する。

あああ

左上から、堤大介 ≪モーメントペインティング:退学≫『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年) デジタルペインティング/ジェローム・ランフト ≪ヨロコビ≫『インサイド・ヘッド』(2015年)ウレタン樹脂鋳造/ピーター・ソーン ≪スポットとアーロ≫『アーロと少年』(2015年) 複製(鉛筆/紙)/シャロン・キャラハン《カラースクリプト》『アーロと少年』(2015年)デジタルペインティング/≪トイ・ストーリー ゾートロープ≫木、アルミニウム、真鍮、スチール、ガラス、プラスチック、石膏 2005年(東京都現代美術館公式サイトより)

2005年にニューヨーク近代美術館でスタートし、各国で開催されてきた世界巡回展。30周年を迎える今年は、これらの作品に加えて新たに周年記念作品を追加。新たな構成で日本に上陸するという。ピクサーのアニメーションがいかにして愛される作品になりうるのか。その根幹を覗き見ることができるスペシャルな展示となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
PAGE TOP