logo_s

写真家はどのように震災と向き合ったのか VACANTで映画上映&トークイベント「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月27日 渋谷区
写真家はどのように震災と向き合ったのか VACANTで映画上映&トークイベント「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前にある「VACANT」で、上映会&トークイベント「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」が開催される。日程は2016年3月27日(日)。

『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』キービジュアル(VACANTウェブサイトより)

『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』キービジュアル(VACANTウェブサイトより)

写真家・畠山直哉氏は「都市と自然」をテーマに様々なコンセプトの作品を発表しており、その写真表現には世界から注目が寄せられている。

2011年、故郷・陸前高田を東日本大震災が襲い、畠山氏の実家は流され、母は亡くなってしまう。その体験をどう受け止め、作品はどのように変化をしたのか。ひとりの写真家の制作現場に迫ったドキュメンタリー映画がこの『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』だ。

本イベントでは1日限りの映画上映を行うほか、上映後には主人公の畠山氏と畠山容平監督、聞き手に「疾駆/chic」編集長の菊竹寛氏を迎えてのトークイベントも開催される。

『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』キービジュアル(VACANTウェブサイトより)

『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』キービジュアル(VACANTウェブサイトより)

関連記事

EVENT

  • エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈He...
    2017年6月13日
  • 『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース...
    2017年6月12日
  • FREITAGのFundamental lineが...
    2017年6月9日
  • 写真家・石渡朋が撮り続けてきた“食の風景” 未発...
    2017年6月8日
  • Supremeとギャルソンのロゴ&アイコ...
    2017年6月7日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    インスタ映えする器を探しにゆく 渋谷ヒカリエで「BASEでみつけるイン...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP