logo_s

岡村靖幸音楽活動30周年記念上映 神保町シアターで1週間限定レイトショー『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年2月6日〜2016年2月12日 千代田区
岡村靖幸音楽活動30周年記念上映 神保町シアターで1週間限定レイトショー『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

千代田区神田神保町にある「神保町シアター」で、1989年に公開された岡村靖幸氏の主演作『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』がレイトショー上映される。期間は2016年2月6日(土)から12日(金)まで。

『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』DVDビジュアル

『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』DVDビジュアル ©エピックレコードジャパン

1986年にデビューし、今年で音楽活動30周年記念を迎える岡村氏。1月27日(水)には前作『Me-imi』から11年半を経て制作されたオリジナルアルバム『幸福』を発売。2016年2月8日付けのオリコンウィークリーランキングで3位にランクインした。

『幸福』(SPACE SHOWER MUSIC/3,300円 税込)

『幸福』(SPACE SHOWER MUSIC/3,300円 税込)

近年では映画『モテキ』への楽曲提供や、テレビ『久保みねヒャダ こじらせナイト』の主題歌、雑誌『GINZA』での連載「岡村靖幸 結婚への道」など、岡村氏は多方面に活躍の幅を広げ、デビュー当時を知らない若い世代にも多くのファンを獲得している。

1月27日にオリジナルアルバム『幸福』を発売した岡村氏。

1月27日にオリジナルアルバム『幸福』を発売した岡村靖幸氏。

今回、神保町シアターでは岡村氏のデビュー30周年を記念し、唯一の主演作である『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』を35ミリフィルムで特別上映する。ストーリーは東京を舞台にしたボーイ・ミーツ・ガールもの。金山一彦、藤井かほり、戸川純という個性豊かな役者が登場し、劇中には岡村氏の楽曲が随所に使用されている(使用楽曲は「YOUNG Oh! Oh!」「うちあわせ」「友人のふり」「LION HEART」「SUPER GIRL」「はじめて」「ラブ・タンバリン」)。

また、本作が故・坂西伊作監督作品であることにも注目したい。坂西氏はエピックソニーの映像ディレクターとして、岡村氏をはじめ、TM NETWORKやエレファントカシマシ、JUDY AND MARY、真心ブラザーズなどのPVを手がけており、日本におけるプロモーションビデオの原型を作ったひとりといえる人物だ。1988年からテレビ東京で放送されていたエピックソニー制作による音楽番組『eZ』でもほとんどの映像を制作し、PVがお茶の間に認知された黎明期の一端を担った。ドキュメンタリーの質感がある作風は多くのファンを今なお魅了し続けている。

80年代の東京を舞台に、ポップアイコンとしての「岡村靖幸」の姿を映し出す名作。岡村氏本人は公開に寄せて「僕の恥点ですが、懐かしい思い出です」とコメントしている。貴重な作品をスクリーンで鑑賞できるこの機会に、ぜひ神保町を訪れてほしい。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP