logo_s

時代に先駆けたマルチクリエイター・恩地孝四郎 東京国立近代美術館で40年ぶりの回顧展

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月13日〜2016年2月28日 千代田区
時代に先駆けたマルチクリエイター・恩地孝四郎 東京国立近代美術館で40年ぶりの回顧展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

日本における抽象美術の父にして木版画近代化の立役者、恩地孝四郎の回顧展「恩地孝四郎展」が東京国立近代美術館で開催されている。期日は2016年2月28日(日)まで。

《抒情『あかるい時』》1915

「抒情 あかるい時」1915

恩地孝四郎は、抽象美術がまだその名を持たなかったころ、心の内側を表現することに生涯をかけた人物。彼の創作領域は一般に広く知られ、また評価の高い木版画のみならず、油彩、水彩・素描、写真、ブックデザイン、果ては詩作にまでおよび、媒体を問わず多くの芸術分野で功績を残している。本展では、恩地の領域横断的な活動を、日本で最初の抽象表現《抒情『あかるい時』》を含む過去最大規模の約400点の作品で紹介する。

「あるヴァイオリニストの印象(諏訪根自子像)」1946

「あるヴァイオリニストの印象(諏訪根自子像)」1946

今回見逃せないポイントのひとつが、「里帰り展示」される62点の作品。戦後、特に海外での評価が高かった恩地の作品は、その多くが海を渡っていった。本展では海外所蔵館(大英博物館・シカゴ美術館・ボストン美術館・ホノルル美術館)の協力のもと、現存作が一点しか確認されていない作品や摺りが最良の作品など、恩地の重要作が会場に集まる。大正期から昭和の戦後期にかけて前人未踏の足跡を残した、恩地孝四郎の多彩な世界がたっぷり楽しめる展示となっている。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    「東京防災」140円で一般販売決定! 11/16(月)より都庁および紀...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP