logo_s

さまざまなフィールドに息づく”書”の魅力に迫る 出光美術館「文字の力・書のチカラIII 書の流儀」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月9日〜2016年2月14日 千代田区
さまざまなフィールドに息づく”書”の魅力に迫る 出光美術館「文字の力・書のチカラIII 書の流儀」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

千代田区丸の内の出光美術館で、書道作品の展覧会「文字の力・書のチカラIII 書の流儀」が開催されている。期日は2016年2月14日(日)まで。

筑後切(部分) 伏見天皇 鎌倉時代 重要美術品 出光美術館蔵

筑後切(部分) 伏見天皇 鎌倉時代 重要美術品 出光美術館蔵

本展は、2009年よりスタートしたシリーズ企画「文字の力・書のチカラ」の第三弾。奈良時代から現在に至る約1200年、日本が育んださまざまな芸術・文化の中で、書の美意識はどのように生み出され発展してきたのか。初公開、未公開作品を交えた約80件の優品より、「書」をめぐる多彩な魅力を探る。

今回のテーマは「流儀」。今日では一般に筆文字全般をさす「書」という概念は、美術・芸術のみならず、文学・歴史・文化などさまざまな分野に関連している。そして各分野が扱う資料の範囲や視点は、それぞれの「流儀」に基づいて互いに関わり合いながら、「書」の世界観を形成してきた。本展は「書」の枠組を新たな視点から捉え直そうと試みている。

鳳輩道上詩 木戸孝允 明治元年(1868) 出光美術館蔵

鳳輩道上詩 木戸孝允 明治元年(1868)出光美術館蔵

書体、書式、書風といった伝統的な基本ルールについて初歩から確認しつつ、さまざまな表現が伝播・継承する現象や、時代思想との関係にも触れながら、出光美術館独自の教科書スタイルで「書」の世界を解き明かしていく。これまで、なんとなくハードルが高い気がして敬遠してきた人も、「書」のおもしろさ・奥深さが伝わる、新春にふさわしい展覧会となっている。

関連記事

EVENT

  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日

RANKING

  • no.1
    タイの人気イラストレーター・タムくんによる ”マムアンちゃん”だらけの...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    旅と街道がテーマの「KAIDO books & coffee」が北品川...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP