logo_s

オオクボリュウのカレンダー原画を販売 学芸大学で展示フェア「Drawing For New Year」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年2月6日〜2016年2月25日 目黒区
オオクボリュウのカレンダー原画を販売 学芸大学で展示フェア「Drawing For New Year」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区鷹番にある古書店「SUNNY BOY BOOKS」で、イラストレーターで映像作家のオオクボリュウ氏の展示フェア「Drawing For New Year」が開催される。会期は2016年2月6日(土)から2月25日(木)まで。

「Drawing For New Year」メインビジュアル

「Drawing For New Year」メインビジュアル

東京メトロの企業広告や、「group_inou」のアートワークなど、幅広い分野で作品を手がけるオオクボリュウ氏。毎年年末になると、描きおろしイラストを掲載したオリジナルカレンダーを制作、販売している。

「CALENDER 2016」

今年のカレンダー「CALENDER 2016」(2000円 税別)はオンラインショップで販売中。

「CALENDER 2016」

毎年仕様が異なっており、今年はB3の大判サイズとなっている。

今回のフェアでは、新作となる2016年カレンダーのために描いたA4サイズの習作12点を展示・販売。カレンダーでは暦の上にプリントされていたイラストだが、本展ではじっくりと作品そのものを眺めることができる。

学芸大の古書店「SUNNY BOY BOOKS」。展示とあわせて古書のセレクトにも注目したい。

「SUNNY BOY BOOKS」店内。展示とあわせて古書のセレクトにも注目したい。(公式サイトより)

期間中には、オオクボリュウ氏が手がけたスウェットやロングTシャツなどのオリジナルグッズも販売されるという。古書店という場所での開催も含めて、作品をじっくり味える展示になりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 天才醸造家ビービー・グラーツがおくるアートとワイン...
    2017年10月16日
  • バリー・マッギーやマーク・ゴンザレス、トーマス・キ...
    2017年10月11日
  • LAのアートブランド〈bfgf〉のデザイナーが日本...
    2017年10月5日
  • 本の祭典が天王洲アイルへ!出版社からギャラリーまで...
    2017年10月2日
  • 演劇の総合演出も手がけるアーティスト、ディエゴ・シ...
    2017年9月26日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
  • no.5
    東京イチの危険地帯墨田区から考える東京の災害(後編)
PAGE TOP