logo_s

シンクル大学がマンガナイトとコラボ! ゲストに『モーニング』副編集長を迎えた「マンガ編愛学科」開講

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月27日 港区
シンクル大学がマンガナイトとコラボ! ゲストに『モーニング』副編集長を迎えた「マンガ編愛学科」開講
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

2016年1月27日(水)に、「シンクル」が主催するイベント「シンクル大学 第2回 マンガ編愛学科withマンガナイト」が開催される。会場は六本木ヒルズノースタワー10F。

「シンクル」は、”好き”を共有しながら、”シンクロするプロフィール”を楽しむ共感コミュニティ。スマートフォン用アプリで提供されており、他のソーシャル・ネットワークと接続せずに完全匿名でやり取りをすることができる。

「シンクル」には多種多様な”好き”が溢れている。

「シンクル」には多種多様な”好き”が溢れている。

その「シンクル」が立ち上げたのが、講義形式の連続イベント「シンクル大学」だ。学長をNPO法人コモンスフィア理事のドミニク・チェン氏、学部長を編集者の塚田有那氏が務めており、テーマに沿った講師を招き、コミュニティに集う人たちの偏愛を深めるイベントを開催している。

第1回は昨年12月、「アート編愛学科」として美術ライターの橋本麻里氏を講師に招いて行われた。

第1回は昨年12月、「アート編愛学科」として美術ライターの橋本麻里氏を講師に招いて行われた。

第2回となる今回、開講するのは「マンガ編愛学科」。講師にはプロ編愛家として『モーニング』副編集長の北本かおり氏、「マンガナイト」代表の山内康裕氏を招き、「理想のマンガ雑誌をつくること」を目的としたワークショップを行う。参加者は以下からひとつテーマを選ぶ。

1.タイムマシンで10代の自分に渡したいマンガ雑誌
2.このラインナップなら5,000円払っても良いマンガ雑誌
3.私はこのマンガで大人になりました
4.100年後に残したいマンガ雑誌

マンガに深く関わりのある2名とのワークショップを通じて、マンガというカルチャーの新たな視点を捉える試み。参加は無料だが事前に申し込みが必要なので、申し込みフォームから手続きしてほしい。また、講義前には「シンクル」のアプリをインストールしておくこと。

logo_

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP