logo_s

在りし日の東京がヴィヴィッドな色彩でよみがえる 原宿で森山大道個展「DAIDO IN COLOR」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年12月15日〜2016年1月30日 渋谷区
在りし日の東京がヴィヴィッドな色彩でよみがえる 原宿で森山大道個展「DAIDO IN COLOR」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

写真家・森山大道氏の個展「DAIDO IN COLOR」が、原宿のアートスペースAMにて開催中。期日は2016年1月30日(土)まで。

本展は、1960年代後半から1980年代前半にかけて、森山氏がリバーサルフィルムで撮影したカラー作品を紹介するもの。当時、森山氏の撮影作品の多くはモノクロームフィルムによるものだったが、路上でのスナップショットをカラーのリバーサルフィルムに収める機会もしばしばあったという。その時期のカラー作品を、8×10サイズを中心に150点展示する。

「モノクロームは、プリントで操作をしたり粒子を荒らしたりできるが、カラーではできないし、考えていないんです。カラーでは、ニッポンの東京の俗っぽい場所や生々しい色を撮っている。単純にいうと、モノクロームには、印象性、象徴性、抽象性があるけれど、カラーには、ポップでクリアーでジャンク、いい意味でペラペラな感じがあるね」

そう森山氏が語るように、これらのカラー作品には、その瞬間の匂いや空気や騒音が、40年のフィルム上の経年変化をものともせず、鮮度高く、ヴィヴィッドなイメージの中に封じ込められている。

今も刻々と変化を続ける東京の街並のある時代のリアルな姿に、思いを馳せてみてはいかがだろうか。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP