logo_s

丸ビルでNHKスペシャル「新・映像の世紀」を”体験”する3日間 水道橋博士によるトークイベントも

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月15日〜2016年1月17日 千代田区
丸ビルでNHKスペシャル「新・映像の世紀」を”体験”する3日間 水道橋博士によるトークイベントも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

千代田区丸の内にある「丸ビル」で、イベント「体験する  新・映像の世紀」が開催される。会期は2016年1月15日(金)から1月17日(日)まで。

あああ

「体験する  新・映像の世紀」キービジュアル

NHKスペシャル「新・映像の世紀」は、2015年10月から月に1回ずつNHK総合で放送されているドキュメンタリー番組。

前身となる「映像の世紀」は、21年前の1995年に3つの節目を記念して制作された。戦後50周年、NHK放送開始70周年、そして映写技術の確立から100周年。映像の世紀でもあった20世紀の終わりに、膨大なアーカイヴとナレーションのみで番組を紡いだ意欲的な番組だった。

それから20年を経た「新・映像の世紀」では、映像で歴史を追体験するという手法はそのままに、”人間”により迫る形で制作されている。放映の度に大きな反響を呼ぶ人気シリーズだ。

本展では、番組制作のために収集した貴重な映像を多数用意。番組特設サイトや、これまで放送した第1~3集から選りすぐった映像、そしてこれから放送する第4~6集の映像を「体験」することができる。なかには未放送の映像も。

また、1月15日(金)にはゲストに水道橋博士氏と東京大学大学院教授の瀬地山角氏をお迎えてのトークショーを開催。番組の魅力について掘り下げていく。1月16日(土)、1月17日(日)には番組テーマ曲の「パリは燃えているか」などを演奏するミニコンサートが行われる。

「新・映像の世紀」の魅力を、見る、知る、聴く、とそれぞれの感覚で体験する本イベント。直感を刺激されることで、より映像の芯が迫ってくるにちがいない。

関連記事

EVENT

  • エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈He...
    2017年6月13日
  • 『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース...
    2017年6月12日
  • FREITAGのFundamental lineが...
    2017年6月9日
  • 写真家・石渡朋が撮り続けてきた“食の風景” 未発...
    2017年6月8日
  • Supremeとギャルソンのロゴ&アイコ...
    2017年6月7日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    インスタ映えする器を探しにゆく 渋谷ヒカリエで「BASEでみつけるイン...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP