logo_s

サイ・トゥオンブリー「紙の作品、50年の軌跡」原美術館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年5月23日〜2015年8月30日 品川区
サイ・トゥオンブリー「紙の作品、50年の軌跡」原美術館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

20世紀を代表する巨匠、サイ トゥオンブリーの日本初となる個展が原美術館で開催される。

「Petals of Fire(炎の花弁)」1989年 144×128 cm アクリル絵具、オイルスティック、鉛筆、色鉛筆、紙 © Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation

「Petals of Fire(炎の花弁)」1989年 144×128 cm アクリル絵具、オイルスティック、鉛筆、色鉛筆、紙 © Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation

2011年に死去したトゥオンブリーが、生前に自ら作品の選定に関わり、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、欧米の主要な美術館で開催され評判を呼んだ個展を、当館の空間に合わせて再構成したもの。ドローイング、モノタイプなど、紙の作品約70点が一堂に会する。なお、別館ハラ ミュージアム アーク(群馬県渋川市)でも出品作品の一部を展示。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の...
  • no.4
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
  • no.5
    2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・穴八幡宮で「一陽来復...
PAGE TOP