logo_s

1月15日・16日は世田谷へ この冬最後の「世田谷ボロ市」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月15日〜2016年1月16日 世田谷区
1月15日・16日は世田谷へ この冬最後の「世田谷ボロ市」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

東京都指定無形民俗文化財の「世田谷ボロ市」が世田谷区世田谷の代官屋敷およびその周辺の通称「ボロ市通り」で行われる。開催日は2016年1月15日(金)と16日(土)。

人で賑わう世田谷ボロ市の様子()

人で賑わう世田谷ボロ市の様子(世田谷区ホームページより)

「世田谷ボロ市」は、毎年2回、1月と12月の15・16日に開かれる伝統ある行事。700店以上の露店が並び、1日に約20万人もの人でにぎわう。

その起源は天正6年(1578)にさかのぼり、関東を制覇した小田原北条氏が交付した「楽市掟書」により開かれるようになった楽市に由来する。現在のように1月と12月の年2回開かれるようになったのは明治時代から。日清戦争以降、商品は古着やボロ布が多くなったことから、今の「ボロ市」の名がついたという。

現在ではボロや古着にかわって、洋品・雑貨・食料品・漬け物・古道具・陶器・うす・杵・骨董・植木の店などが並び、掘出し物を安価に手に入れようと多くの人でごった返す。中でもボロ市名物の代官餅には毎回長い行列ができる。これらはボロ市を紹介した「代官餅に舌鼓 438年を経て甦る現代の楽市「世田谷ボロ市」を歩く」(2015年12月15日)に詳しいので、興味が湧いた方はぜひご一読を。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP