logo_s

アートにおける”アウト”とは 青山ブックセンターで岡本光博×chim↑pom稲岡求×作田知樹トークイベント

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月16日 渋谷区
アートにおける”アウト”とは 青山ブックセンターで岡本光博×chim↑pom稲岡求×作田知樹トークイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前にある書店「青山ブックセンター」で、トークイベント「アウトを言い渡されたアート―社会に切り込むアーティストたち。アートを前進させるには」が開催される。日程は2016年1月16日 (土)。

「アウトを言い渡されたアート―社会に切り込むアーティストたち。アートを前進させるには」

「アウトを言い渡されたアート―社会に切り込むアーティストたち。アートを前進させるには」(公式サイトより)

本イベントは、chim↑pom10周年と書籍『ディズニー美術』(KUNST ARZT)刊行を記念したもの。当日はchim↑pomの稲岡求氏、展覧会「ディズニー美術」を企画した岡本光博氏、「アーツ・アンド・ロー」代表であり、弁護士の作田知樹氏が登場する。

(c)岡本光博(公式サイトより)

岡本氏は今年2015年、前述の「ディズニー美術」で、アートと著作権の関係を突きながら「アートは唯一、社会に“イメージ”を突き返すことのできるもの(本展ステイトメントより)」とアートの力を提示してみせた。同年、結成10周年を迎えたchim↑pomは、これまでに受けた抗議や規制、検閲を反映させた作品を並べた「耐え難きを耐え↑忍び難きを忍ぶ」展を開催。アートへの社会からの回答を可視化させることで、社会の現状を露呈させた。

(C)chim↑pom(公式サイトより)

アートを使い、社会に対してレスポンスを返し続ける両者を前に、作田氏が法律家の視点からアートを取り巻く環境について語る。アーティストをサポートする立場の作田氏には、現在の日本のアートシーンはどのように見えているのだろうか。

社会とアートを考える貴重なイベント。2016年の新たな1年に歩を進める前に、一度立ち止まって考えてみたいテーマだ。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP