logo_s

英国生まれの国際設計プロジェクトに見る世界建築 六本木で「フォスター+パートナーズ展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月1日〜2016年2月14日 港区
英国生まれの国際設計プロジェクトに見る世界建築 六本木で「フォスター+パートナーズ展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

ノーマン・フォスター率いる設計事務所、フォスター+パートナーズの国内初の大規模展覧会「フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション」が、六本木の森美術館で開催される。期間は2016年1月1日(金・祝)から2月14日(日)まで。

スクリーンショット 2015-12-16 20.07.11

フォスター+パートナーズは、イングランド・マンチェスター生まれの建築家ノーマン・フォスター卿により1967年に設立。世界45カ国で300に及ぶプロジェクトを遂行、日本の国宝建築に相当する英国保護登録建築物最上級グレード1の指定等の輝かしい実績を誇る国際的な建築設計組織だ。

本展は、フォスター+パートナーズを代表する約50のプロジェクトを模型、映像、CG、家具、プロダクト、図面、スケッチなど膨大な資料を通して紹介する日本で初めての展覧会だ。一貫して「伝統と未来」「人間と環境」といった普遍的なテーマを追求し、革新的なアイデアで建築や都市を創り続ける彼らの半世紀に及ぶ設計活動が一望できる展覧会となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP