logo_s

年の瀬に自分でついて食べる餅 青山善光寺で「大餅つき大会」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年12月27日 港区
年の瀬に自分でついて食べる餅 青山善光寺で「大餅つき大会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区北青山にある「青山善光寺」で大餅つき大会が開催される。日程は2015年12月27日(日)。

腰で打つのがコツ。PHOTO BY Ignat Gorazd

腰で打つのがコツ(写真はイメージ)。PHOTO BY Ignat Gorazd

年末年始に欠かせないイベント、餅つき。12月の餅つきは新春を迎えるための準備として行われるもので、新年の行事とはまた違った趣きがある。本イベントでは、参加費500円を支払えば、誰でも好きなだけつきたての餅が食べられるという。また杵を持って餅つきを体験することも可能だ。当日は9時から本堂で読経の時間もあるそうなので、そこから参加してみるのも良いだろう。

PHOTO BY Rs1421

青山善光寺 PHOTO BY Rs1421

表参道の裏という、都心の中心で餅つきができるレアなイベント。餅好きの方はぜひ参加してみては。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP