logo_s

都築響一が自身の編集観を語る 新宿で『圏外編集者』出版記念トークイベント

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年12月16日 新宿区
都築響一が自身の編集観を語る 新宿で『圏外編集者』出版記念トークイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

編集者・都築響一氏による『圏外編集者』(朝日出版社)出版を記念して、トークイベントが開催される。日程は2015年12月16日(水)、会場は新宿区新宿の「カフェ ラバンデリア」。

『圏外編集者』(朝日出版社)

『圏外編集者』(朝日出版社)

『TOKYO STYLE』、『珍日本紀行』、『珍世界紀行』、『夜露死苦現代詩』、『独居老人スタイル』、『東京右半分』などの本を世に送り出し、スナックや地方発ヒップホップといった街に息づくカルチャーをフックアップしてきた都築氏。そんな氏の「編集」にまつわる考え方をまとめたのが、この『圏外編集者』だ。本書では質問を軸とした章立てとなっており、「本作りって、なにから始めればいいでしょう?」に始まり、「だれもやってないことをするには?」、「だれのために本を作っているのですか?」という編集手法に通じる章から、「出版の未来はどうなると思いますか?」とこれからの出版業界を見据えた章まで、幅広い内容が綴られている。

この本はけして編集術について語った本ではない。都築氏にとって「編集」とは何か。そして「編集者」とは何か。本イベントは、独特な視点を持ち続けながら数々の書籍を生み出してきた都築氏が、自身の言葉で編集について語る貴重な機会となっている。編集者を志す人にも、そうでない人にも、新たな視点を与えてくれる時間になりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 今年も高架下で踊る! 竪川親水公園「第36回すみだ...
    2017年8月22日
  • 若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホ...
    2017年8月18日
  • 柔らかな色彩からこぼれる生命力 木版技法を用いた新...
    2017年8月10日
  • シモキタ高架下のイベントパークが1周年!オオゼキの...
    2017年8月9日
  • 新宿のネオンに光るおしゅし 新宿眼科画廊で1年ぶり...
    2017年8月8日

RANKING

  • no.1
    今年も高架下で踊る! 竪川親水公園「第36回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    〈東京、視線の片隅で〉第3回「タバコ屋の兼業」
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP