logo_s

デザインの物質的な質量とデータをポスターに 中目黒VOILLDで安田昂弘の初個展「share_me」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年12月4日〜2015年12月13日 目黒区
デザインの物質的な質量とデータをポスターに 中目黒VOILLDで安田昂弘の初個展「share_me」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区青葉台のギャラリー「VOILLD」で、安田昂弘氏の初個展「share_me」が開催される。会期は2015年12月4日(金)から12月13日(日)まで。

公式サイトより

「share_me」(公式サイトより)

グラフィックデザイン、ムービーディレクターなど、幅広い分野で作品制作を行う安田昂弘。現在は「CEKAI Tokyo」に所属し、視覚表現を軸とした様々なジャンルで活動を展開している。

「freewill」(2013年/Graphic)

「freewill」(2013年/Graphic)

コンピューターという一つのメディアを駆使しながら、都度異なったアプローチで生み出される作品の数々。研ぎ澄まされているようで遊び心のあるデザインや、シンプルで単調に見えて複雑に組み重なった線や面は、彼のグラフィックに対する思考が反映されている。

「service」(2015年/Graphic)

「service」(2015年/Graphic)

本展では、デザインの物質的な質量とデータをテーマに、新作約20点を展示予定。グラフィックデザインの基本表現であるポスター形式での展示となる。また、会場では展示作品をはじめ、限定アイテムとして展覧会オリジナルグッズも販売するという。

エッジィな表現の先に立ち上る世界とは。そして安田氏が考える質量とデータの関係値とは。作品から、その解を読み取りたい。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP