logo_s

”作品のその先”を想像する 我喜屋位瑳務「CHILLDIE」11/25(水)まで

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年11月5日〜2015年11月25日 渋谷区
”作品のその先”を想像する 我喜屋位瑳務「CHILLDIE」11/25(水)まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

イラストレーターにとどまらず、ペイント、ドローイングやコラージュを雑多なスタイルで制作するアーティスト・我喜屋位瑳務の展示 「CHILLDIE」が、渋谷区猿楽町にある代官山蔦屋書店2号館1階ブックフロアで開催されている。会期は2015年11月25日(水)まで。

© Isamu Gakiya

© Isamu Gakiya(公式サイトより)

自らもメンバーとして参加する「最高記念室」の展示開催を記念して行われている本イベント。ブースでは我喜屋氏のこれまでの様々な作品を展示し、購入することもできる。イベント名の「ちるだい」は、我喜屋氏の出身地でもある沖縄の方言で「だるい」を意味する言葉だという。

© Isamu Gakiya

© Isamu Gakiya(公式サイトより)

また、世田谷区北沢のショップ「MIN-NANO」の協力のもと、我喜屋氏のグッズも販売されている。

作品の中に描き出される細かなディティールに、キャンバスを越えたストーリーを想像せずにはいられない。会期終了まであと僅か。我喜屋氏の作品に身近で触れられる、この貴重な機会をお見逃しなく。

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.4
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
  • no.5
    〈フォトレポート〉2016.06.07 19:00 at 渋谷 宮下公...
PAGE TOP