logo_s

気鋭のフィリピン人美術家の国内初の個展「ロム・ヴィラセラン展 -庭園の想像力-」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年11月14日〜2015年11月28日 中央区
気鋭のフィリピン人美術家の国内初の個展「ロム・ヴィラセラン展 -庭園の想像力-」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部
『Ochre Field』(2015)

『Ochre Field』(2015)

注目の現代美術家、ロム・ヴィラセランの個展「ロム・ヴィラセラン展 -庭園の想像力-」が、中央区京橋の加島美術にて開催される。期間は2015年11月14日(土)〜2015年11月28日(土)まで。

ロム・ヴィラセランは、フィリピン・マニラ出身の現代美術家。ファインアートを主な活動領域としながら、書籍やCDのデザインも数多く手がけるなど幅広い分野で活躍しており、国際的に注目を集めているアジアの美術界においても異彩を放つ新進気鋭のアーティストだ。

『Blue Fruit II』(2015)

『Blue Fruit II』(2015)

シュルレアリスムやアクションペインティングといった20世紀美術に通じるクラシカルな技法を持ちながらも、飛び散ったアクリル絵具を動植物に見立てるなど、即興性や偶然性を活かした柔軟な発想が評価される彼の作品。今回の個展では、横幅2メートル近い巨大な新作絵画から、電飾が組み込まれた箱型イルミネーション作品まで、約30点が展示される。彼の“現在地点”に触れられる希少な機会となっている。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    〈TSUBAKI〉×蜷川実花×銭湯のトリプルコラボが実現 押上の大黒湯...
  • no.2
    キノコへの偏愛「キノコミュ ~きのこミュージアム~」ハンズ池袋で開催
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    原宿に佇む大正生まれのふたつの駅舎 原宿駅改良工事と宮廷ホームの今(渋...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP