logo_s

東大で赤塚イズムの「バカ」に迫る 「赤塚不二夫生誕80周年企画『バカ田大学』」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年12月1日〜2016年3月31日 文京区
東大で赤塚イズムの「バカ」に迫る 「赤塚不二夫生誕80周年企画『バカ田大学』」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

bakabon

『天才バカボン』、『おそ松くん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の生誕80周年を記念して、2015年12月1日(火)〜2016年3月31日(水)に文京区本郷の東京大学山上会館で、連続講義「赤塚不二夫生誕80周年企画『バカ田大学』」が開催される。

「これでいいのだ」に代表される赤塚イズムに内包された「バカ」さを、様々な講師を招きそれぞれの解釈で講義をするというこの企画。

akatsuka

しかし、この赤塚イズムとはどのようなものなのだろうか。公式サイトには赤塚イズムについて、以下の様なコメントが記されている。

赤塚イズムとは・・・
昨今、様々な未曾有の出来事が多い中、経済の閉塞感もあり、
日本国民が委縮しているのではないかと考えました。
ギャグ漫画の帝王「赤塚不二夫」が描いてきたマンガ
そして幅広い人脈と活動そのものがイズムであると言えます。
これを機に気づきを与え、日本が活気満ち溢れる国になることを
願い推進したいと考えています。

気になる講師陣には、みうらじゅんや安齋肇、宮沢章夫、泉麻人、宇川直宏など、そうそうたるメンバーが名を連ねている。

混迷する時代において、赤塚イズムはどのように再解釈可能なのか。国内最難関大である、東京大学で語られる「バカ」。必見だ。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の...
PAGE TOP