logo_s

世界的写真家の足跡をたどる「生誕100年 写真家・濱谷浩 ―もし写真に言葉があるとしたら」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年9月19日〜2015年11月15日 世田谷区
世界的写真家の足跡をたどる「生誕100年 写真家・濱谷浩 ―もし写真に言葉があるとしたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部
sp00175_mv_l_sp1

濱谷浩 『稲刈り』(1955) ©Courtesy Estate of Hiroshi Hamaya, Oiso, Japan

台東区出身の写真家・濱谷浩の作品を展示する「生誕100年 写真家・濱谷浩 ―もし写真に言葉があるとしたら」が世田谷美術館にて開催されている。期日は2015年11月15日(日)まで。

生涯にわたり独自の写真哲学を築いてきた濱谷は、アジア人として初めて、国際的な写真家グループ「マグナム・フォト」の寄稿写真家となり、写真界での多大な功績を称えるハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、国際的にも高い評価を得てきた。

本展は、濱谷の活動前半期にあたる1930年代から60年代の作品全200点を展示。民俗学的な視点から地方風俗を記録していた戦前の作品から、よりジャーナリスティックなテーマに傾倒していった戦後の作品まで、濱谷がいかにしてその信念と姿勢を確立していったのか、その揺るぎない足跡をたどる。

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.4
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
  • no.5
    〈フォトレポート〉2016.06.07 19:00 at 渋谷 宮下公...
PAGE TOP