logo_s

湯浅学、塩田正幸らが探る猫との境界 <ギャラリー35分>で企画展「世界は僕らのものだ」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年11月11日〜2015年12月5日 中野区
湯浅学、塩田正幸らが探る猫との境界 <ギャラリー35分>で企画展「世界は僕らのものだ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中野区上高田にあるギャラリー「スタジオ35分」で、6人の作家による企画展「世界は僕らのものだ」が開催される。会期は2015年11月11日(水)から12月5日(土)まで。

PHOTO BY 塩田正幸

PHOTO BY 塩田正幸

新井薬師前駅から続く商店街にある、フォトスタジオを改装して作られた「スタジ35分」。ウィンドウ越しに作品が並び、会期中はギャラリー自体がひとつの作品となる。

PHOTO BY 湯浅学

PHOTO BY 湯浅学

今回の個展では、6人の作家が自身と猫の境界さらには猫とその視線の先を探ってゆく。参加作家は、塩田正幸、谷口正典、頭山ゆう紀、深瀬昌久、湯浅学、酒航太。

PHOTO BY 酒航太

PHOTO BY 酒航太

会期中、21日(土)には湯浅学によるトークイベント、27日(土)には「頭山カレー」が食べられるイベントが開催される。それぞれの作品から感じられる6人6様の「猫」を体感しに、新井薬師へ足を運んでみてほしい。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP