logo_s

どうなる?東京の公共機関 TOO MUCH Magazine presents「都市と未来の公園」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年10月25日 渋谷区
どうなる?東京の公共機関 TOO MUCH Magazine presents「都市と未来の公園」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

雑誌「TOO MUCH Magazine」が送るトークイベント「都市と未来の公園」が、2015年10月25日(日)に渋谷区神宮前のギャラリー「VACANT」で開催される。

あああ

「都市と未来の公園」(公式サイトより)

2020年を節目に、変わり始めた東京。本イベントでは多くの人々が利用する”公共施設”について、アーティストと建築家という立場の異なる二人の視点から、公共空間のあり方を考える。

アーティストの立場からは、2015年のベネチアビエンナーレ韓国館代表に選ばれ、国際的に活躍するアーティストのムン・キョンウォン氏。2013年から山口情報芸術センター(YCAM)と共に「未来の公園」をテーマとした活動を続けてきたムン氏は、都市の中で人と自然が交差する空間「公園」の役割について多領域の研究者と調査をし考察してきた。

ムン・キョンウォン氏(公式サイトより)

ムン・キョンウォン氏(公式サイトより)

また建築界からは、ムン氏の活動に賛同し、ご自身でも公園や公共施設を数多く手がけてきた建築家の伊東豊雄氏を迎える。

伊東豊雄氏(公式サイトより)

伊東豊雄氏(公式サイトより)

東京の公共空間がどのように変化を遂げていくのか。二人の議論を軸に、都市について考えてみよう。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
  • no.3
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.4
    下北沢がカレー色に染まる10日間! お笑いコラボも「下北沢カレーフェス...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP