logo_s

メルロ=ポンティの思想をテーマとして展示 「てぶくろ|ろくぶて」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年9月19日〜2015年12月13日 千代田区
メルロ=ポンティの思想をテーマとして展示 「てぶくろ|ろくぶて」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部
岡崎和郎《位相的手袋》1965年 ©Kazuo Okazaki / courtesy Shigeru Yokota Inc.  photo: Kioku Keizo

岡崎和郎《位相的手袋》1965年 ©Kazuo Okazaki / courtesy Shigeru Yokota Inc.  photo: Kioku Keizo

フランスの哲学者メルロ=ポンティの思想をテーマに掲げた企画展「てぶくろ|ろくぶて」が、千代田区の東京国立近代美術館で開催されている。会期は2015年2月13日(日)まで。

1960〜70年代のアーティストに大きな影響を与えたモーリス・メルロ=ポンティ。彼は、我々を取り巻く世界を、「自分」と「事物」との出会いの中にに見出だした。本展は、彼の思想にまつわるオブジェ、写真、映像、絵画などを、「リヴァーシブルについて考える」「私が私にさわる」「一点透視法を疑う」などのテーマに沿って約30点紹介。

手をモチーフに「可逆性」を表現した岡崎和郎の彫刻作品や、メルロ=ポンティが持論の解説例として頻繁に用いた、ポール・セザンヌの絵画作品などが展示されている。

2015年10月30日(金)には、本展の企画者である蔵屋美香氏のトークショーも予定。難解な思想を読み解くヒントが詰まった意義深い企画展となっている。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.5
    〈フォトレポート〉路地裏に響く神輿の音 平成28年度浅草神社例大祭「三...
PAGE TOP