logo_s

エンブレム問題から考える 原宿VACANT「デザインと権利と感情/民意」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年10月20日
エンブレム問題から考える 原宿VACANT「デザインと権利と感情/民意」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

2020年東京オリンピック大会のエンブレムをめぐる問題は、決定案の撤回と再コンペという形で進行している。ロゴ自体の法的な問題とは別に巻き起こった様々な議論を踏まえ、アートディレクター、編集者、弁護士、それぞれの立ち位置から問題の本質を探るトークイベント「デザインと権利と感情/民意」が行われる。開催日は2015年10月20日(火)。会場は渋谷区神宮前にあるギャラリー「VACANT」。

「デザインと権利と感情/民意」(VACANT 公式サイトより)

「デザインと権利と感情/民意」(VACANT 公式サイトより)

論点となるのは次のような内容だ。瞬時に類似の画像が検索できる時代に、作り手と受け手による「デザインと権利と感情/民意」はどんなバランスで成り立つのか。権利によってデザインの何が保護可能なのか。それとも権利という概念を変えていく必要があるのか。変えることでデザインの可能性は広がるのか。デザインにおけるオリジナリティという考えは、何を根拠にするのか。

戦後デザインの考え方や構造を含め、時代と環境の変化に呼応し変わっていくデザインとその周辺を問い直すイベント。出演は、アートディレクター菊地敦己氏、デザイン誌『アイデア』編集長の室賀清徳氏、そして<Arts and Law>や<Creative Commons Japan>の理事を務める弁護士・水野祐氏。また、司会は<BACH>の山口博之氏が執り行なう。ここに飛び交う4者の見識が、問題の本質を、より主体的に捉える手がかりとなるのではないだろうか。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
PAGE TOP