logo_s

東京の創造力を可視化する 「東京アートミーティングⅥ “TOKYO”見えない都市を見せる」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年11月7日〜2016年2月14日 江東区
東京の創造力を可視化する 「東京アートミーティングⅥ “TOKYO”見えない都市を見せる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

「東京」という街のクリエイティヴィティは、常に世界から注目されている。そんな東京の、芸術における創造力を浮き彫りにする試みが、企画展「東京アートミーティングⅥ “TOKYO”見えない都市を見せる」として開催される。会場は江東区三好にある「東京都現代美術館」。会期は2015年11月7日(土)から2016年2月14日(日)まで。

スーパーフレックス「スーパーキレン/東京のタコ」 Photo: Iwan Baan[参考図版]

スーパーフレックス「スーパーキレン/東京のタコ」Photo: Iwan Baan[参考図版](公式サイトより)

本展覧会は東京における芸術文化の創造・発信を推進する「アーツカウンシル東京」の事業の一貫として実施されるもの。東京という街が持つ潜在能力に注目し、サブカルチャーやポップカルチャーなどの新しい文化と従来の美術史の文脈をリミックスし、新しいクリエイションを生み出すその背景に迫る。

例えば上の黒いタコは、デンマークのアーティストグループ<スーパーフレックス>が手がけた、コペンハーゲンのデザイナーズ公園「スーパーキレン」に設置されているもの。この公園には世界各国を象徴するようなモチーフが様々に配置されており、日本をイメージして置かれたのがこの「東京のタコ」なのだという。足立区にある北鹿浜公園のタコの滑り台を模したレプリカだ。

Tabor Robak,Still from "20XX", 2013, Courtesy: the artist and team (gallery, Inc.),New York

Tabor Robak,Still from “20XX”, 2013, Courtesy: the artist and team (gallery, Inc.),New York(公式サイトより)

東京オリンピック、パラリンピックを2020年に控えたこの「東京」という都市を、グローバルな文脈の中でどのように捉え直すのか。視覚美術だけでなく、音楽、映像、デザインなど幅広いメディアを通して東京の創造力を可視化する試みに、新たな都市の輪郭が顔を覗かせる。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP