logo_s

写真家・小浪次郎の歩んだ10年とは 100点の作品が代官山に集結

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年9月18日〜2015年9月29日 渋谷区
写真家・小浪次郎の歩んだ10年とは 100点の作品が代官山に集結
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

kominamijirou

マガジンハウス『&Premium』の表紙をはじめ、数多くの雑誌やアーティスト写真などを手がけてきた写真家・小浪次郎。今年29歳を迎えた彼の10年間の活動の中から、厳選された作品を集めた展示「JIRO KONAMI PHOTO EXHIBITION」が2015年9月18日(金)〜9月29日(火)に渋谷区の代官山蔦屋書店で展示される。

jirou

小浪次郎は2013年に写真集『父をみる』を出版。実の父親を8年間かけて撮影した本作は、被写体との独特な距離感が評価された。またアパレルブランド「mame」が企画した写真集『Personal Memory』ほか、意欲的にクリエイターとの共作の発表してきた。最近では、9月15日に発売された『BURUTUS STYLEBOOK 2015-16』内で、舞踏家の田中泯を撮影したことも話題となっている。

本展では、学生時代からの作品を含めた約100点の写真作品やスクラップブックなどの展示のほか、ファッションブランド「WACKO MARIA」と共に制作したヴィジュアルブックの先行予約販売も行われる。時代の空気を静逸に切り取り、新たな価値観へと昇華させてきた彼の歩んだ10年は、どのような姿をしているのだろうか。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP