logo_s

大相撲の分岐点に迫る 部屋別総当たり制導入50年「昭和40年1月場所」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年8月25日〜2015年10月16日 墨田区
大相撲の分岐点に迫る 部屋別総当たり制導入50年「昭和40年1月場所」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

墨田区横網の両国国技館内にある「相撲博物館」で、「部屋別総当たり制導入50年『昭和40年1月場所』」が開催されている。会期は10月16日(金)まで。

公式サイトより

昭和40年1月場所前の、大鵬と玉乃島(のち玉の海)による稽古の様子。(公式サイトより)

現在の取り組みで採用されている「部屋別総当たり制」は、1965年(昭和40)1月場所から導入され、今年で50周年を迎える。

それまで、親子や兄弟関係にある部屋同士の対戦は組まれなかった(一門系統別)。しかし、1964年(昭和39)ごろは大相撲人気が低迷しており、これを打開する方策の一つとして、時津風理事長(元横綱双葉山)の主導により部屋別総当たり制への移行が決定した。

時津風定次(35代横綱双葉山 1912〜1968)大分県宇佐市出身。不滅の69連勝を成し遂げ、昭和戦前の大相撲の第一人者だった。優勝12回。

時津風定次(35代横綱双葉山 1912〜1968)大分県宇佐市出身。不滅の69連勝を成し遂げ、昭和戦前の大相撲の第一人者だった。優勝12回。(公式サイトより)

力士にとっては、関係性の深い力士との取り組みに、「相撲を取りにくい」という気持ちも生まれたようだが、相撲ファンからは大きな評価を得て、現在まで続く形となったという。

本展では、導入当時の1月場所の横綱・大関の姿や、幕内力士の化粧廻しや取組写真、当時の相撲専門誌などから、取組制度の大改革が行われた場所を振り返る。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP