logo_s

〈TOKYO実験画録〉vol.1 渋谷区 侘びの力学

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
COLUMN
TOwebだけで読める、連載陣によるオリジナルコラム。

青山 健一

April 2019

S M T W T F S
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019.2 2019.4
青山 健一
PROFILE:青山 健一
東京都出身、石川県金沢市在住。1995年、画家として活動をはじめる。ギャラリー、廃ビル、ライブハウス、劇場、屋外など様々な空間で作品を発表。絵画を軸にした表現手法は、即興パフォーマンス、イラストレーション、アニメーション、映像、舞台美術など多岐にわたる。97年よりジャズ・オーケストラ「渋さ知らズ」に美術、映像メンバーとして参加。2012年、絵本「あした、せかいが」(文:三角みづ紀)を上梓。 Webサイト|https://aoken.info/ Twitter|@aoyamakenichi

LASTEST ENTRY

2019年3月28日
〈TOKYO実験画録〉vol.1 渋谷区 侘びの力学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絵・写真・文_青山健一

ジャズオーケストラ・渋さ知らズでの即興ペインティングをはじめ、舞台に、絵本に、路上発の自由な絵画を描き続ける画家・青山健一さんの連載。風景をもとにした青山さんの絵画シリーズから、「東京」の新作を毎月紹介していきます!

「リアカー」21.5×30.5cm 画用紙、ボール紙、わら半紙、ダーマトグラフ、アクリル絵の具 

大掛かりな掃除や模様替えをすると、必要なモノと不要なモノが部屋中に引っ張り出され、溢れかえり、混在する。
部屋なら数時間で済むけど、都市の大掃除、模様替えとなると何十年もかかる。

今、東京はその混在状態にあるような気がしている。
必要なモノと不要なモノを誰が決めているかはさておき、新たに出来るモノで暮らしなさい、という都市ヌシの断捨離がずいぶん前から行われている。
街の片隅に打ち捨てられたようにある小さなモノたちは、今のところとりあえずそこに置かれている。

そんな小さなモノたちを見つける東京探索は、明日同じ景色が見られないかもしれないという物悲しさと、間に合ったという少しの喜びが合わさって侘び。

渋谷駅と恵比寿駅の狭間にて

そして、このリヤカー。
よく歩く渋谷の隅っこにあるんだけど現役なんだろうか?

RANKING

  • no.1
    コミュニティを紡ぐ、新しい“図書館”
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOMASON LAND”...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP