logo_s

〈東京、視線の片隅で〉第6回「ポルノ映画館のWi-Fi」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
COLUMN
TOwebだけで読める、連載陣によるオリジナルコラム。

鑑賞池

May 2019

S M T W T F S
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017.12 2018.2
2018年1月8日
〈東京、視線の片隅で〉第6回「ポルノ映画館のWi-Fi」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・写真_鑑賞池
Wi-Fi完備の駐車場

さて、サンプルが少ないながらも、これまでの事例を見ていると、Wi-Fiは2通りの理由により、店のシチュエーションに合わせて導入されているように考えられる。

①フリーランスの仕事をしている人々へ、ノマドワークをする環境を提供している場合。
②海外旅行者への対応としての場合。

以上の2パターンで東京の店舗におけるWi-Fi状況については、かなりすっきり整理できる。浅草ではその他の飲食店などでもWi-Fiのシールを見たことがあるが、明らかに②の海外旅行者を見据えたものであろう。

このように勝手に結論づけてすっきりしていたのもつかの間、別の日に蔵前の街を歩いていると、上記の例に当てはめることができなさそうなWi-Fiを発見した。なんとWi-Fi完備の駐車場である。「無線インターネット導入駐車場」と書いてあり、私の頭上にはハテナが飛び回った。いったいどういうことなのだろうか。この駐車場の前だったらインターネットできますよ、という有志の喫煙所みたいなものなのだろうか。まったく意味がわからない。

駐車場にWi-Fi?

インターネットはできるが禁煙。

気になったので家に帰って調べてみると、この駐車場を運営している会社を取り扱った「コインパーキングに無料Wi-Fiが登場!――利用者と駐車場経営の双方にもたらすメリットとは?」(2012年7月19日,DIAMOND ONLINE)という記事をみつけた。なるほど外回りの営業職の人が駐車場で昼ごはんを食べているなどという話は聞いたことがあったが、よく考えたらそこにWi-Fiが走っていたらメールをチェックすることもできるし、待ち時間にインターネットで先方について調べておくこともできる。しかも車の中ならば電源は取れるし冷暖房もあり、申し分のない環境ではないか。ここで「③外回りの営業職の方がメールチェックなどのために利用する場合」という新たな理由を発見した。

しかし、私はこの駐車場以外でWi-Fiが使える駐車場をみたことがなく、記事がリリースされた2012年以降、普及しているのかどうかについてはよくわからない。

次のページ|そしてオークラへ

1 2 3 4

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP