logo_s

〈東京、視線の片隅で〉第5回「街の公衆トイレ」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
COLUMN
TOwebだけで読める、連載陣によるオリジナルコラム。

鑑賞池

November 2019

S M T W T F S
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017.10 2017.12
2017年11月15日
〈東京、視線の片隅で〉第5回「街の公衆トイレ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文・写真_鑑賞池
地下のトイレとネーミングライツトイレ

さて、水際以外で特徴的なものとしては、「地下」がある。竹ノ塚駅付近には、わざわざ地下を掘った公衆トイレがあり、行ってみると中国の「ヤオトン」という地下住宅や、インドの階段井戸を彷彿させるような作りであった。

竹ノ塚駅前。フランスあたりの郊外の景色に似ている。

竹ノ塚駅構内。自転車が走る道がある。

竹の塚駅前公衆便所。ダンジョンの入口のようである。

また、赤坂の氷川神社にも地下トイレがある。神社の一角に唐突に階段があり、そこを下るとトイレにたどり着くというものである。

赤坂氷川神社境内。

境内にある公園。地下へ続く階段のようなものが見える。

階段下から境内を臨む。

氷川神社前公衆便所。この奥に階段がある。

トイレを地下に作る意味は何なのだろうか。「不浄なものを隠す」という人類に通底する大衆的な考え方が根底にありそうだが、かえって臭いがこもりトラブルの元になりそうな気がする(幸い上記の2箇所では現在そのようなことはなかった)。

恵比寿駅前の公衆トイレ。ネーミングライツによって運営費を捻出し、清潔なトイレを保っている。

ちなみに渋谷区では、ネーミングライツによって財源を確保することによって、快適にトイレを利用できるように維持管理を行い、臭いや汚れなどの公衆トイレによくあるトラブルを解決しようという取り組みがあり、ある程度の効果をもたらしている。そのほか、今回行くことはできなかったが、江戸川区は公衆トイレが盛んであり、交番の隣にそれより豪華なトイレがあったりするようだ。

恵比寿駅近くの線路脇にもトイレがある。ここはタクシー運転手の利用が目立つ。

次のページ|上町のSFトイレ

1 2 3 4

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    東京イチの危険地帯墨田区から考える東京の災害(後編)
PAGE TOP